2010年11月16日

人生初文楽

今年もあと1ヶ月半
この時期になると南座の年末恒例の顔見世が気になります。
コネがないとなかなか行きたいときに取れないことに加え
特に年末は忙しいのでなかなか行けない顔見世
行きたいなー

そんな話をしたからか
「文楽ご一緒どうですか?」とお誘いを頂きました
歌舞伎は好きだけど文楽は見たことないし知識はゼロ
お誘い頂かないと見に行くこともなかったので
喜んでお誘いをお受け致しました。

文楽は人形浄瑠璃です
まー歌舞伎は人間で表現するのに対し文楽は人形で表現する
という表現が一番わかりやすいです

歌舞伎と一緒で午前・午後の演目で1部4時間近くあります
平日の4時間は時間的に厳しかったので最後の1幕2時間の幕見と呼ばれる鑑賞でした。
はじめ30分はついていけませんでした。
しかし最後1時間は楽しく見れました。
(舞台の上に電光掲示板があって義太夫さんの言葉が字幕で流れるので
何を言ってるかはわかります。)

残念ながらこれから先文楽にブームがくるとは思えません。
しかし、大事な大事な日本文化が衰退するのは悲しいです。
また機会があれば見に行きたいです。

いい時間を過ごさせて頂きました!
ありがとうございました!!!
DSC00027.jpg
posted by Ariel at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。